電話代行や覆面調査をアウトソーシング|営業活動を全力サポート

ミステリーショッパー

覆面調査というのは、経営者が自身の経営する店舗に従事するスタッフの実態を把握するために実施されます。それらの調査は、経営者の雇った調査員に行なわれ評価されます。その評価の内容によって改善すべき点を知ることができるでしょう。

雇用リスクを回避

オフィス

電話対応というのは、企業に務めるにあたって頻繁に発生する業務でしょう。電話対応が発生する度、業務または会議が一時的に中断されてしまうというのも多々起こっているかと思います。そういった中断というのは本業務の効率に影響を与えますが、顧客や取引先から掛かってくる電話を疎かにする訳にもいきません。解決手段として電話対応を業務に含む事務員の雇用を提案される企業は多いかと思いますが、雇用の際に発生する人件費コストのことを考えると企業にとっては不利益なものとなります。また、電話対応や事務業務の研修・教育期間も設けなければなりません。近年では、そういった問題に着目したアウトソーシングサービスが多くの企業に利用されています。
企業の電話対応問題に着目したアウトソーシングサービスというのは、電話代行サービスと呼ばれています。電話代行サービスは、その名称の通り企業に掛かってきた電話を代行してくれるサービスとなっています。このサービスは、代行スタッフが企業に赴いて電話を取ってくれる訳ではありません。企業に掛かってきた電話を電話代行オフィスへ自動転送し、そこで代行スタッフに電話対応を行ってもらうといった仕組みになっています。その仕組を取ることで、企業の電話が鳴ることは滅多になくなるでしょう。そのため、企業に務める従業員は電話を気にすることなく、本業務に集中することができるのです。このサービスの利用料金に関しても、事務員を雇用した際の人権費コストより遥かに安価なコストとなるので企業にとっては有益なサービスといえるでしょう。

文書及び情報管理

企業において、文書や情報の管理というのはしっかりと行うべき課題です。契約書管理アウトソーシングサービスに依頼することで、それらを整理・分類してもらうことができ、容易に管理することができるようになるでしょう。

初めてのブース出展

多くの企業の中には、初めて企業向け展示会にブースを出展する企業があるでしょう。そのブース作成を行う際には、集客効果等の戦略計画を考案してくれる業者に依頼することをお勧めします。